プラスチックの様な半透明の容器に入った種
さて、何の実か判りますか?

これは「ムクロジ」という落葉高木樹の実です。
「無患子」と書きます。意味は子が患う事の無い木。
平安時代には公家屋敷に多く植えられていたそうです。

黒い種はお正月に行う羽根つきの先に使います。
また、インドでは洗剤に使うそうです。実を潰して黒い皮をこすり合わせると泡立ちます。

只今施工中の現場より拾って来ました。
夏はこんん風に葉を茂らす樹木です。