逗子の公園にて。

眺望台付近の足元を良くするために、自然の雰囲気を損なわないように。
そこで(?)『ウッドチップ舗装』でした。

ちなみにざっくり説明しますと… 幹材を破砕してできた『幹チップ』に接着剤等を混ぜて固めて路盤に敷き均して 転圧をしたもの。

クッション性に優れヒザ等への負担も軽減され、自然な仕上りが好まれる場所に 重宝されてます。(例えば公園の園路など)

今回は、現地が傾斜地であること、木の根っこが付近を走っていること、 そして高低差があることなど、乗り越えなきゃいけない課題もありました。

uid000003_20110407091417927b16ae

施工前。

uid000003_20110407091407b8bc45c2

型枠を入れて、砕石を均す。

uid000003_20110407091440847d7fbd

チップを敷き均し、転圧をかけます!

uid000003_201104070913451a12c325

ウッドチップをすりつけて、段差をなくしました。

uid000003_201104070913557083d3de

完成! 向こうには逗子の渚橋が見えます。 結構仕上りもいい感じです。